MENU

小顔作りの障害となるあごの歪みと改善方法

あごの歪みは顔を大きく見せてしまいます。あごの歪みは気が付かないうちに起こっているもので、日常生活の中にもあごを歪ませる原因は多く潜んでいます。今回はあごの歪みとその対処法についてご紹介します。

 

あごの歪みが起こる原因

 

あごの歪みは顔全体の印象を左右させます。自分ではなかなか気が付かないものですが、他人から見ると意外と視線を集める場所です。あごが歪んだ状態の顔は、顔のたるみやシワ、ほうれい線や顔に老廃物が溜まりやすくなるなど、顔を大きく見せてしまう原因となります。

 

あごの歪みが起こる原因は、日常生活の中に潜んでいます。食事の際に片方の歯だけで噛んでしまう、座った時に足を組んでしまう、頬杖をつくといった習慣があごを歪ませる原因となります。

 

あごの歪み改善方法

 

あごの歪みを改善するには、まず原因となっている日常生活の癖を見直しましょう。食事の際は両方の歯で満遍なく噛むようにする、足を組まないように意識する、頬杖はつかないようにするなどこれらの癖を改善するだけであごの歪みの進行を抑えることが出来ます。

 

セルフで顎の歪みを改善する場合は、ストレッチがオススメです。まず鏡を用意し、歯を出して上下の前歯の中心を合わせるように顎を動かし、固定します。そのままの状態で口を開いたり閉じたりを20回繰り返します。これを1セットとして5回繰り返し行いましょう。

 

それでも歪みが治らない場合は、美容外科やエステなどで矯正をしましょう。プロの施術による矯正はお金がかかりますが、高い効果と即効性が期待出来ます。