MENU

お風呂でできる小顔の作り方

湯船は血行を促進させ、代謝能力のアップや筋肉をほぐすといった効果があります。小顔作りにも湯船にゆっくりと浸かることは効果的ですが、更に一工夫で効果的な小顔作りが出来ます。今回はお風呂で出来る小顔作りの方法をご紹介します。

 

お風呂に入る前の準備

 

まず湯船にゆっくりと浸かるための準備を行いましょう。お風呂の温度設定は38度から40度のぬるめにしておきます。長く浸かれる温度にしましょう。またお風呂に入る前に水分補給をしておきます。湯船に長く浸かると体内の水分が汗として出てしまうので、体の乾燥を防ぐためにも水分補給はしっかりと行っておきましょう。

 

湯船につかりながら行う小顔作り

 

すぐに出来る簡単な方法に、舌出しストレッチがあります。まず顔を真っ直ぐにして舌を思いっきり出します。上にあげて5秒間、下に伸ばして5秒間、左右に伸ばして5秒間キープします。顔の筋肉も動かすようなイメージで思いきり舌を出しましょう。

 

むくみ除去には指を使ったマッサージを行いましょう。まず人差し指と中指の腹を使ってフェイスラインを撫でます。あごから耳まで、5回繰り返しましょう。次に小鼻に指を当てて、頬骨の下を5回さすりましょう。最後におでこからこめかみまで5回さすります。マッサージは力を入れすぎると肌との間に摩擦が生じてしまうので、力を入れすぎないように気を付けましょう。

 

肌の保湿も出来る方法にオイルマッサージがあります。まず顔の水気を拭き取ってから、顔用オイルを全体にまんべんなく塗ります。次に親指以外の四本の指をおでこの中心に当て、外側へ3回滑らせます。今度は中指だけを使い、上唇の口角から下唇の中央まで3回滑らせます。最後に両方の小鼻に中指を当てて、鼻筋をなぞるように10回滑らせます。