MENU

小顔に見せるヘアスタイル

顔は見た目の印象を大きく左右します。少しでも小さく見せたいという需要に応え、小顔グッズやエステなど小顔になるための方法はたくさんあります。今回は簡単にすぐ出来る方法として、小顔に見えるヘアスタイルをご紹介します。

 

全体的な形はひし形にする

 

小顔に見える形はひし形と言われています。顔の形は卵型で、髪の毛は肌が見える地点から縦3、横2の比率でひし形を作ることで、一番小顔に見せることが出来ます。顔の形はひとそれぞれですが、ひし形を基本ベースとして考えていけば自然な小顔を作ることが出来ます。

 

耳から頬にかけて髪の毛で隠す

 

耳から頬にかけてのフェイスラインは、顔の大きさを左右する箇所です。この部分を髪の毛で隠すことにより、小顔に見せることが出来ます。耳から頬を隠すだけのヘアスタイルなので、後ろの髪の毛はハーフアップにしたりポニーテールにするなど、ヘアアレンジは自由にして大丈夫です。アレンジをする際は目立つヘアアクセを付けることで視線を逸らすことができ、顔の大きさを目立たなくすることが出来ます。

 

髪色はダークベースで

 

明るい色は膨張色と言われており、実物よりも物を大きく見せる効果があります。髪の毛にも同じことが言えます。明るすぎる髪色は、顔を大きく見せてしまいます。ヘアカラーをする際は、膨張色の反対であるダークトーンを選びましょう。黒髪では飽きてしまうという方は、ダークベースのブラウンやアッシュなどがオススメです。ダースベースは小顔効果だけでなく、見た目も上品な印象に見せることが出来ます。