MENU

小顔に見せるメイク方法

小顔に見せるための一つの手段として、いつものメイクを少し工夫する方法があります。今回は小顔メイクのやり方をご紹介します。

 

シェーディングとハイライトの活用

 

シェーディングは顔に影を作り、凹みを作ることが出来るメイク道具です。上手く活用することで顔の輪郭を引き締め、小顔に見せることが出来ます。シェーディングには様々な種類のものがありますが、自分の肌色より2トーン暗いものがオススメです。ハイライトは肌色を明るく見せるもので、顔の高い部分に入れることでその部位を強調することが出来ます。シェーディングと一緒に使うことで、顔の凹凸をはっきりと作ることが出来ます。

 

シェーディングとハイライトの使い方

 

まずはシェーディングから入れていきます。最初に大きめのブラシにパウダーを取ります。付け過ぎるとこけて見えてしまうので、手の甲で少し叩き量を調節しましょう。シェーディングを入れる場所は顔の形により異なります。丸顔の方は頬部分、逆三角形の方は額の両側、面長の方は額と顎、ベースタイプの方は頬からエラ部分にかけてシェーディングを入れます。

 

次はハイライトです。ハイライトは入れすぎると顔がテカって見えてしまうので、小さめのブラシでさっと塗るようにしましょう。ハイライトも顔の形により入れる場所が異なります。丸顔の方は鼻筋と目の下と顎、逆三角形の方は頬骨から細長く、面長の方は額の中心と目の下、ベースタイプの方は頬の中心から鼻筋にかけて入れましょう。